アコム利用で審査落ち、もしくは小額融資になってしまう5つの理由

各消費者金融には審査時の基準がありますが、どこの会社も一般公開はしておらず大手消費者金融のアコムも例外ではありません。

そのため「自信があったのに融資額が少なかった」なんてこともしばしばありますね。

 

そこで今回はアコム利用で審査に落ちる・もしくは融資額が少額になる5つの理由を紹介します。

1.総量規制に抵触している

総量規制とは2010年に施行された「年収の1/3以上のキャッシングは出来ません」というルールです。

そのため他社からの借り入れがあり、総量規制ギリギリとなっているとアコムを利用する際に小額融資となる場合があります。

 

2.年収が少ない

学生のアルバイトなどで年収が60万円程度となる、自然と融資額も少なくなります。

この場合総量規制に乗っ取って20万円融資してもらえると考えがちですが、そもそも年収が少ないことでマイナスポイントになるので恐らく10万円以下の小額融資になります。

 

3.アルバイト、契約社員、派遣社員

最近の消費者金融は正規雇用でない人にも貸付をするようになりましたが、それでも正社員に比べるとまだまだ信用が低いのが現状です。

そのためアルバイト、契約社員、派遣社員は小額融資になる可能性が高いです。

 

4.勤続年数が短い

アコムの審査では「どこで勤務しているか?」よりも「勤続年数は何年間か?」の方が重要視されます。

勤続年数が長い=信用が高いと判断されるので、反対に勤続年数が短いと信用が低いと判断されるのです。

年収が数百万円あったとしても勤続年数が半年にも満たない場合は小額融資になる可能性が高いです。

 

5.高齢である

65歳以上の高齢者は年収がガクッと下がることがあるので、小額融資になる可能性が高いです。

 

利用時にもしも審査落ちになった場合にこれらのことが該当する可能性があります。

どれもすぐにどうにかなるような事ではないので、融資額の増額を希望するのであれば毎月しっかりと返済し信用を上げていくしかないでしょう。

Copyright© 【アコム】キャッシング審査のまとめ|審査通過の3つの条件 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.